何度だって苦しくったって、私はこうなるんだと選び続ける

Pocket

こんにちは、nojiです。

「変わりたいのに変われない…」

そう自分をあきらめてしまっている人もいるのではないでしょうか。
数年前の私が、まさにそんな状態でした。

当時の現状に満足できなくて、何度も変わりたい!と決意をするのですが、途中で諦めてしまって…の繰り返しで。

そのたびに、自分ってダメな人間だ…なんて落ち込んでいたんですよね。

それでも、やっぱり変わりたいという気持ちは消えなくて。

あきらめが悪いと思いつつも、何度も何度も進んでみたり後ろに下がってみたりして、やっと変わっていくためのコツがわかってきました。

同じように変わりたい!と思っている方の何か参考になれば嬉しいです。

「本当に変わりたいの?」という試練に負けないように

過去、変わりたい!と思っているのになかなか変われなかったのには原因があって。
その一つは、新しい自分を選び続けられなかったことです。

変わろうと決意したとたん、なぜだか

「本当にこっちなの?」

と聞かれるようなことが起こるんですよね。

思ってもみないようなところから「辞めよう」と思っているお仕事のオファーがあったり。
知り合いからお仕事を手伝ってほしいと言われたり。

どちらがいいのか頭を抱えて悩んでいましたが、何度も何度もぶつかっていく内に、これって自分自身からの問いなんだなって気がつきました。

ただ…

「え?本当にこっちでいいの?
よく考えて!ちゃんと考えて!本当にこっちなの?ねぇ!」

と、詰め寄られているような感じで。

だから、ついつい目を泳がせながら
「やっぱりそっちじゃないかも~…」なんて言って…

結局、変わらない選択をしがちでした。

でも、一度勇気を出して、その現実と向き合ってみて。

「変わる」を選択できるとパッと視界が開けるんですよね。

ちょっと視界が広がるだけでも心がとっても楽になるので、今もがいている人は、こういう壁があるということを知って、乗り越えていってほしいと思います。

なりたい私の姿を追い続ける

ちょっと残念なお知らせになってしまうかもしれませんが…

実は、この問いは1回じゃなくて。
何度も何度も、本当にこっち?と聞かれます。

その問いに、なりたい私になるための選択をし続けること。

それが、変わるためのコツなんですが…

わかっていても目の前の現実に、どうしていいかわからなくなることもありますよね。
私も何度も何度も悩まされてきました。

そんなときに、私が何度も心の中で思い出していたのが

「こうなりたい!って決めた私」

の姿でした。

その私だったら、この仕事は受けるのかな?
その私が最高!と思いながら働くために必要なこと?

ということを基準に選ぶこと。

それを、何度も何度も、くじけそうになっても徹底して「なりたい私」を選び続けたんです。

すると、いつの間にかあたりまえが変わってきて。
少しずつ、なりたい私に近づいていくことができました。

何度だって苦しくったって選び続ける

決意する前の私と同じ選択をしてしまうと、いつまでも変わることができません。

新しい私になりたいんだったら、新しい私の選択をしないといけない。

そんなのわかっているんです。
わかっているのに、なかなかできないのは、人ってやっぱり変わることが怖い生き物なんですよね。

でも、変わるって決めたのなら、理想があるのなら

「私はこうなるんだ」

と選び続けていくこと。

それは今までとは違うから、苦しいときだってあるし、もうやめちゃおうかなとも思うし、逃げちゃいたいなって思うこともあります。

それでも、一回一回、それがあたりまえの自分になるまで、くどいくらいにしつこく

「私は、こうなるんだ!」

と意思をしめし続ける。

そうやって、叫ばなくてもいいようになった頃には、理想の自分になれているんじゃないかなと思います。

「私はこうなるよ」と、世界にわかりやすく伝え続けていく。

そうしたら、「変わりたくても変われない…」と泣いている自分のちょっと先に、新しい私が立ってくれるかもしれません。

もう、あとは進むだけ。
新しい私に手をふるように、変わることを選び続けていきましょう。